遺品整理 選び方

ネットでの遺品整理業者選びで失敗しないために

料金の記載はどうなっているか?

遺品整理業者のホームページを見ていると、最終的な料金をきちんと明示していないケースが多くあるかと思います。
やはり具体的な料金が掲載されていないと不安に思ってしまうこともあるかもしれませんが、実をいうと厳密には、正確な料金をホームページに出したくても出せない場合がほとんどなのです。
それは遺品整理の料金が「仕分け作業の料金」と「不用品の処分料金」となっており、これらは実際の物量によって大きく変動し、依頼主によって請求する料金が異なってしまうからです。
物量が多いと、遺品を仕分ける時間がかかる為に作業料金がかかってしまいますし、仕分けた際にゴミとして処分される物量が多いと、そのゴミの運搬料金と処分費用がかかってしまいます。
またこれらの料金がかかってしまうものもあれば、高価な骨董品やまだ使用可能な家財道具・電化製品などは、買取やリサイクルしてもらうことで、料金が安くなるケースも多くあります。
その為、ホームページで遺品整理の料金を掲載する際には、例えば

・1R 30,000円~
・1LDK 80,000円~
・2LDK 150,000円~

といった、大まかな目安の料金しか掲載できない場合がほとんどです。
ですので、最終的にかかる料金がきちんと記載されていないからと言って、高額な作業料金を請求するような悪徳業者というわけではありません。

それとは逆のケースとして、例えば「遺品整理+処分で○○万円しかかかりません」といった表記をしている会社で注意が必要な場合もあります。
というにも、実は不用品をゴミとして処分する際には、そのゴミの回収・運搬に「一般廃棄物収集運搬許可証」が必要となります。
が、これらの許可証を自社で持ってはおらず、ゴミの処分を別の会社に委託する場合は、その料金を記載することは、許可を得て事業を行っていると誤認させてしまう恐れがあるため、法律で禁じられています。
もちろん、自社で「一般廃棄物収集運搬許可証」を持っている遺品整理業者であれば問題はないのですが、実際のところその許可証を持っている遺品整理業者はそう多くありません。
また、このあたりの法律は市町村でも対応が異なったりしており、遺品整理両者自体が正しく認識していないために、例えば「○○パック○○万円」と総額を明示してしまうケースもあります。

また、上記の理由によって、実際の依頼主の状況(仕分け作業をする物量や処分品の物量)がわからないと、業者も正確なお見積もりが出せない場合もありますが、電話でどういった遺品があるかなどを伝えることで、少し具体的な概算の予算を出してくれる場合がありますので、気になった場合は電話でお見積もりをしてみることをオススメ致します。
電話以外にも最近ではLINEやメールで部屋の写真画像を送って、お見積もりをしてくれる遺品整理業者もいます。
もちろん、費用を安く抑えたいというのは、すべての消費者に共通して言えることですが、安い料金でもその分、作業が乱暴だったりすることもありますので、気をつけましょう。