遺品整理 選び方

ネットでの遺品整理業者選びで失敗しないために

不用品の処分は適正かどうか?

遺品整理を巡る悪質なトラブルのひとつに、不用品の違法投棄という問題があります。
遺品整理で仕分け作業を行った際にどうしても出てしまう不用品は、法律上では「一般家庭から出たゴミ(一般廃棄物)」という扱いになります。
ゴミの回収や運搬の許可を持たない遺品整理業者であれば、他にこれらの許可を持つ業者に運搬を委託しなければなりません。
その為、運搬料は委託先業者の規定料金がお見積りに加算される事になります。

にも関わらず、回収した不用品を人目のつかない場所へ不法に投棄をおこなう業者は少なくなく、実際にニュースになっている事例もあります。
特に、不法投棄を行っている悪質業者の中には、不法投棄が見つかり行政処分を受けても、しばらく時間が経過してほとぼりが冷めた頃に、別な社名で事業を再開し、何事も無かったかのように、また不法投棄を繰り返すという悪徳業者も存在します。

しかも、不法投棄を行った場合は、その業者への罰則だけではなく、依頼主も罪に問われることがありますので気をつけなくてはなりません。
依頼した悪徳業者が不法投棄を行っていることを依頼主が知らない場合でも、依頼主も罪に問われ、5年以下の懲役、もしくは1,000万円の罰金が科せられる場合もあり、大変重たい処罰が下されます。
不用品の処分を業者に委託する場合は、依頼主も調査を行う必要があると言えそうです。
故人の想い出の詰まった遺品が不法投棄されない為にも、遺品の処分対応をどうしているか、きちんと法令を厳守している信頼できる会社かどうか、きちんとホームページに記載のない会社には、依頼されないのが賢明な判断と言えるでしょう。